2005年07月29日

最悪の世界に天使が〜1〜

葉月 夕菜 19歳 職業 従軍看護婦
「それでは、検温にまわります」

ぐったりとした男の脇をもちあげ、電子音が鳴るまで待つ

  ピピッ ピピッ ピピッ

「……あれ?早いな………イヤアァァァァァアァァァアァァ!!!!」

悲鳴に見張りをしていた軍曹が駆けつけてきた

「どうした!?」
「こ、この人…体温が低すぎるんです!!」
「……そりゃあ、ここ死体用のテントだからな」
「え?」


葉月夕菜 きつめの視線でありながら天然
その行動はときに生きてる人にも危害を及ぼす
「うぅ……おとーさん…おとーさぁん!!」
「あなた…何故…何故ッ!?」

傷の処置が遅れたために死んだ兵士の家族が死体を引き取りにきた
夕菜は悔しそうに唇をかみしめ、彼の上司であった軍曹も辛そうにうつむく

「あなたぁ…帰ってくるって……もう一度この子を遊園地に連れて行くって…」
「奥さん、辛い事ですが……」
「おとうさんー!!またはなしたいよ!うええぇええ…」
「ボク、お姉さんについてきて」

夕菜は泣く子供の手を引いて外に出た
 数秒後、他の兵士のあわただしい声で軍曹が外に出ると…
夕菜が子供の首を絞めようとしていた

「な、なにをするだぁーーー!!」
「お父さんのところに行きたいっていうから…」


最後に付け加えておくが、彼女に悪意は全くといっていいほどない
posted by 黒味缶 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説(オリジナル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログペット

ブログペット登録したけどHTML良くわかってないからどこに表示されるのか良くわからない
メモ帳でソースコピペして試しているけど難しい…
でもメモ帳で一から作ってる人もいるんだから、私はマダマダ甘いんですよね
がんばるぞー!!

まってろなつあき(ブログペットの名前)、いい場所に表示させる事が出来るよういろいろ試しているから!
posted by 黒味缶 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記にもならないひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

もうね、アホかと、バカかと

今日ね、音楽の時間パソコンつかっていたんですよ
んで自分のHP確認したら色の違う事違う事…
紺色のつもりがほぼ真っ暗な背景とか一段階深く見える絵の色とか
環境の違いっておそろしいわぁ…続きを読む
posted by 黒味缶 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

ジャンプ感想(2005:32)

さいきんすっかりズル休みしていた感想です

銀魂:腐ってるとこがまた面白いんじゃないか
 っていうかゴエモン出来ちゃった結婚適役だなぁ
 しかし銀さんつきつめたらほんと赤ん坊とおんなじだね
 これは間違われても仕方ないよ
 キャサリンの顔がこえぇwもう悪意あるとしか思えないww

デスノート:2部になって興味失ってたけど最近また私の興味を引くようになった
 親の子を思う力や責任感は偉大だ…切ないよ局長

切法師:やっぱおもしろいわコレ主人公が好感持てる続きを読む
posted by 黒味缶 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

ネウロ一巻

入手してたけど書くの忘れてたw
弟に「ほかのコミックス全部無視してそれはおかしい」というツッコミを入れられましたが、私が好きなんだから仕方ないでしょう

1巻で有名なキャラといったらもうシロタさんでしょうね
本誌でよんでたときはそうおもわなかったんですけど、麻薬とかそっち方面に走らなきゃキレイなまんま神レベルまで料理が磨かれていたと思う
弥子が麻薬入り料理食べてるのを見てるときの笑顔が普通にいい人っぽいです

うしろの3D視は一度も成功したことが無いので何があったのか自分で見る事は出来ず
弟に見せたら逆三角形と言っていました
posted by 黒味缶 at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。