2009年02月02日

妄想がとまらないんだぜ

今日はちょっとまえにぽろっといったソウルイーターをTRPG化できないか?という妄想の続きっていうか「妄想だけあるんだけどだれか聞いてくれません?」的な記事です

ソウルイーターに関するネタバレも一応あるんで、ソウルイーターに興味あるけどアニメを追ってなかったり原作未読だったりする人は注意してください
ネタバレ構わない人とか知ってる人は続きからどうぞ


地味に前の記事のあと妄想が膨らんでいたのですがちょっとカベにぶちあたりました

ズバリ「狂気の扱いどうすんよ?」って部分です
最初はあっさりとクトゥルフTRPGのSAN値チェックみたいなのをやればいいんじゃないかとも思ったんですが、ストーリーの時期設定によってはほぼつかわない値になりますし、なにより原作顧みるとあまりにも使いづらい部分なんですよね

ソウルイーターの世界においての狂気ってのは

恐怖で力出せない→狂気に落ちて恐怖を捨てる→全力になれるがいろいろぶっとぶ

っていうものなんですよね。少なくとも私はそう認識してます
クトゥルフの狂気と恐怖ってほぼ同じ感じだからこれはこれでSAN値に当てはめていい気はするんですが…
原作中、あっさりと狂気からかえってくるマカちゃんのおかげで狂気からの復帰度合いがつかめないんですよね
あとは職人か武器の片方が狂気にやられてももう片方が引っ張られるとは限らない部分。そして片方が狂気に落ちたらそのキャラはほぼ完全に壊れてしまう点
マカとソウルの場合は黒血の効果で狂気がうつったり、理性で引っ張ったりできるからなんとかなっているだけなんですよね
普通の職人と武器なら狂気に落ちる=キャラの死と考えた方がよさそう

ストーリーの時期が鬼神復活前だった場合ほとんど無意味だし… 鬼神復活後の狂気感染は、イベント内記述にまかせるだけのほうが無難かも…


あ、あとですね、今更ですが基本的に全部上位判定で考えてたんですが下位判定のほうが成功率そのまましめされてわかりやすいかも…戦闘ならやっぱり大きな値だした方がイメージ的に納得しやすいんですけど、通常の行為判定は下位判定の方が好みかもしれません

共鳴率のしやすさ(共鳴補助値?)はボーナス点みたいなかんじで増えたり減ったり…が基本でしょうか。基本的にはイベント中パートナーの仲がよくなれば一度に0.01〜0.1の範囲で追加、仲が悪くなれば同じぐらいの範囲で減少とか
さすがに一気に×2するのはなーとおもいつつ、この範囲なら電卓必須になっちゃうんですよね…


まぁ、作れるとか思ってないんですがね。


おまけというかなんというか
最近はすでに鬼神阿修羅の行動はSAN値ゼロ故の狂気的行動にしか見えなくなってしまっています。こええなーSAN値
あとこないだ参加した人狼BBSの村でハスターさん呼ぼうとしてた人とかいたりその場で「SAN値偽装問題」とかいうシャレかましてくれたひとがいてうれしかったです
いろんな意味でSAN値偽装されたらたまらないですよね、周囲が

……大学のテスト終わったら、TRPGの話できる子にこのネタ振ってみようと思います。ぶっちゃけTRPGは実際のプレイ経験ないにひとしいので、今ここがこうだったらいいのになーとかいうののうち無理だったりするところを聞けたらな〜と思っています
今の状態はシステムの草案どころか単純な妄想ですけど、妄想で行ける範囲まではいってみたいです


posted by 黒味缶 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。