2010年01月10日

9時間9人9の扉が面白かったんでネタバレ全開でいろいろ書く

大体タイトル通りの内容です。
9時間9人9の扉っていうDSのゲームが面白かったのでいろいろネタバレしまくりつつ感想。

とりあえずネタバレ無しで言うと「チュンソフトだなぁ」な感じでした。
はじめてかまいたちの夜やったときのドキドキ感を思い出した。
ちょっと考察が必要になるし最終的にサスペンス要素以外も絡むので好き好きだと思うんですが私は楽しめたとまぁ大体そんな感じです。

んでは続きを読むから行きます。
ほんとにネタバレしかない。

上から濡れる.png

個人的に吹いたところ。
いきなりの下ネタにふいてしまった、悔しい。

感想としてゼロの正体はなんていうか
「人狼で序盤疑ってたのに後半この人は無いやと思ったらその人だった」
という感覚になりました。ゲームやりだした序盤はだれが敵かわかんねーぞーって気を張ってたからゼロの範囲にいたんですけど繰り返すにつれ「単純に護るべき対象」になっていっちゃうんですよ。最後の方まで見るまでゼロ=紫はむしろ認めたくない状態でした。

あ、ちなみに見たエンディングは
3→6→5→2→4→1
の順でした。バッド総なめしてから真実に近づくというかなりおいしい順序でたどり着いてやっほうでしたよ。
最後の1にたどりつくフラグ判んなくって結局攻略サイトのお世話になりました…

やったあととりあえずきになったことは
・倉式兄妹の財源(前のを再利用してもかなりかかるはず)
・ベストエンドの最後に出てきた女性
・ALLICEの真偽
このへんは私個人ではこのへんに論拠のある考察できませんでした。
んー、ALLICEが実在したのならたぶん本郷が見つける前に逃げ出した…というかおそらくはあそこの棺はダミーで本当のALLICE焼却炉のどっかに隠されてたんじゃないかなーと。んで復活→エンド1へ。この辺はどうしても妄想だよりになっちゃいますね。
個人的には倉式兄妹の財源がどこなのかは本気で気になります。実験成功報酬?とか思ったけどその場合一宮が関与していない事は考えづいんですよね…。

あとは考えればわかるんだろうけどパンクしたのが
・各人の本当のバングルナンバーは?
ですねー。バングルは全部で11個だからいくつかの前提条件を見直さなきゃいけなくなって面倒です。たぶん0〜10の数字が割り振られてるんじゃないかと思うんですが…
「セブンと八代のナンバーは1つ違い(八代が1個大きい)」「淳平=四葉+一宮」「淳平+サンタ+紫=淳平+八代+一宮=淳平+ニルス+セブン=数字根5」「一宮+八代+鳥の巣=数字根9」「鳥の巣+四葉+一宮=数字根5」「S男+一宮+鳥の巣=数字根3」
こんだけ確定情報あれば楽そうなんですが、似たようなとこで思考が躓きます。

ぷっつんよつば.png
最初のエンドが3だったせいか、一宮の行動もこの子のせいだと思い込んでいたBAD漬けの序盤。
展開が解るとほとんど一宮さんのせい

こんがらがりやすいのがだれがだれを殺害したか
たぶんエンド5で淳平を殺したのは一宮。一宮が何を画策していたかはエンド4と1の通りなので八代のバングルを欲したのは一宮で確定だと思う。
個人的に、エンド6で皆殺し図ったのは船長だと思う。セブン八代淳平で2の部屋行き、残ったメンツは全員お留守番か、四葉を置いて1の部屋へ行くルート。船長の麻酔が抜けて部屋から斧を持ち脱出→惨劇まっしぐらかなー、と思ってます。一宮が死んだふりしてた可能性は大いに残りますけど。

追記→ちょっと引っかかって見直したらエンド6でも八代のバングル抜き取られてましたね。こっちも一宮だったや、うっかりうっかり。

あと、セブンとニルスは「紫が淳平の意識を頼りに生き残った」場合に共謀していたかどうかも、一応謎の中に入る…のかな?
生き残った、という事実が先に来るのであればセブンとニルスもゼロ(茜)の手伝いって事になるんですよね。ニルスのほうはひょうひょうと嘘つけそうですけどセブンは本当に一旦記憶障害起こさせてる…のかな?ニルスが全くおびえるそぶりが無かったのもゼロの意図を知ってたから、と思うと納得しやすいんですよね。

紫自体は「淳平がどう行動するかによって存在するかしないかが変わってしまう存在」という事で大体間違っていないはず。その行動をエンド1に持っていこうとするのが「ゼロ」って感じでしょうかね。
紫が6の扉で調子悪くなるのは6の扉を通る事がエンド1から遠ざかる行動だから、なんでしょうね。エンド4の最後に紫が消えてしまうのもたぶんそこから。
ゼロの意図に真っ向から反抗しつつ生き延びるのがエンド4、ゼロの意図にのっかりつつ生き延びるのがエンド1な感じでしょうか。

やちじょうたい.png
倉式兄妹は是非こんな感じであってほしい。グレープ君は作中にもうちょっと姿現してくれてもよかったと思う。

巻き込まれキャラ.png
フタを開けてみればもののみごとに巻き添え食らいまくるキャラだった八代さん。
倉式兄妹はおそらく参加メンバー全員にクレイドル製薬とは別に詳細の口止めを行ってたと思われるので(ニルスが四葉に女の子が死んだと言っていた部分から)そこの部分が気になった時点で八代さんの不遇が確定したようなものと言えるのかもしれない。
子供の身にあった事を調べるために会社をやめ、ノナリーゲームに巻き込まれ、基本的に一宮に人質に取られるか殺されるかされときほん巻き込まれてばっかりだった。四葉はぶっとぶけど八代にそういう部分は無いもんなー…。やっぱり巻き込まれキャラだこの人。

おにーさん.png
まさかこの二人が属性かぶりを起こすとは思ってなかった初プレイ時。
シナリオ的には四葉とニルスの再会→茜脱出時になって心境かぶらせやすくするためかなーと思ったり。たぶんシスコン度合いはサンタの方が上。
ブラコン度合いは四葉の圧勝だと思う。茜も大概お兄ちゃん子だろうと言うことは予測できるけど、常に淳平>サンタな感じがする。

大体書きたい事書いたのでこれで終了です。
とりあえず首謀者兄妹は可愛いと思います。
posted by 黒味缶 at 22:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チュンソフト428のほかにノベルだしてたのか…
と、常闇さんを涙腺崩壊しながらおいらが通りますよ
Posted by puko at 2010年01月14日 19:10
私もこのソフトやりました。とっても面白かったです。       このイラストカワイイです。最後のサンタのコメントなんかわかるきがします。                            茜=紫=ゼロ の事実は、うけいれるのに時間がかかりました。   それから、最後ヒッチハイクしてるのは<アリス>がとけたものだと思います。
Posted by 名無し at 2012年01月01日 12:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。