2014年07月13日

俺の屍を越えてゆけ2体験版 冒頭編感想1

とりあえず冒頭体験版おとしたよー
セーブデータが製品版でも使えるそうなのでこのまま地続きでセーブデータ使うならそのまま感想進めることになるかな。

とりあえずしょっぱなから黄川人が自重しないのだけは確認した。

では感想。ネタバレとか当然自重しない


ツイッターでぽろぽろこぼしながらメモっていたのでそれ見ながらの感想になります。

OPアニメは良かった。曲も綺麗だし絵も綺麗だし。普通に動画としてちょくちょくみたい。

起動してとりあえず真っ先に序章ってのがきになったのでそちらをぽちり。
話の序章を見ることができるんですがこう、ナレーション(黄川人)が本文読まずに好き勝手言ってるのでまずふいた。
お前最初ぐらいきちんとするっていう気はないのか。ないか。

序章に突っ込みを入れた後に開始



キャラメイクは顔を撮影してから髪型と髪と瞳の色を変更して作りました。しもぶくれはしかたないね。私が太ってるのが悪い……ごめんよ当主。

職業は当主→薙刀 二人目→踊り屋 三人目→壊し屋にしておきました。
以前配布された体験版もやったのですがその時は薙刀、壊し屋、槍とものの見事に脳筋プレイスタイルだったため術が豊富な体験版だったにもかかわらず術の力不足を感じたため今回は術メインの踊り屋を最初から入れておくことに。
まあ、列攻撃で脳筋な使い方しかしないと思います。

で、キャラメイク終了後に流れる序章
……あ、はい。さっき見ました。

そして、殺されちゃった一族の晒された頭蓋骨のもとに黄川人さん登場。
人身御供なんて無意味だと説いて、そこから復讐を煽っていく。
もうほんと神様になってもかわんねえなこいつ!
そしてしゃれこうべたちに「復讐したいか」と問いかけて反応を待つ黄川人さん。
序盤からきちんとプレーヤーの手で復讐に入っていくことを選択させるのか。1も実名プレイ推奨してたりと世界に引き込む気満々のごようす。

このへんで黄川人さんが「さすがあいつらの子孫だ」みたいなこというんですが……あいつらってあいつらですか?
1であなたを何とかするためにあの人に作られて割と良いようにつかわれたあいつらですか?
もしそうだったらあの一族どんだけ悲劇的な運命にさいなまれてるの……あの時のプレイと今回は苗字が違うので分家ということになりそうですがそれでも悲惨な目にあいすぎではないでしょうかね。

で、復讐のために命を取り戻す必要があるのだけどそれをするのは黄川人ではなく夜鳥子さんという女性の方。
なんかごっつい拘束されてたのをばきっと外して、しゃれこうべたちに自分の命を渡して生き返らせる。
っていうか一族のみなさんあれだ!生き返る気まんまんすぎてぬえこさんをむさぼってるんですけど!!
そりゃ黄川人も止めるわ!!

そんなかんじのプロローグでした。あとは飛び立った時に最高神である昼子さんから説明をうけたり、流れ着いた先で黄川人からおつきとして死にかけてたイタチのコーちんを世話係として用意してもらったりして、ようやくゲームらしい操作ができるようになります。



とりあえずコーちんはかわいい

一月目
チュートリアルとして予定組んでもらってダンジョンに突撃。
今回突入するのは"天衝くどん"というむっちゃ高い感じの場所。楼閣かな?

ダンジョンに入る前に意味深な事を言う役目なのがかわっていない黄川人さん。安定である。
操作用の説明がある程度進むまでダッシュはできない仕様になってます。説明があってからようやく走れます。

ダンジョン内でくららの極意をもった奴と遭遇したのに逃げられる→その後の戦闘でまた出て大将狙い撃ちということがありました。
極意のとりのがしは怖いので、欲しい物が出たら対象狙いを徹底する必要がありますね。
前作では逃げられることがあまりなかったので油断してた……危ない危ない。

二月目
ダンジョン"焔獄道"に突入。早速迷子になる。



ダンジョン入ってからの左側の方の道に行ったら名所がありました
で、そっち側からまよいこんだとこに黄色い鍵と緑の鍵がかかってるとこがあったので別のとこ攻略して鍵が手にはいったらまた行こうと思います。

今回は怒槌丸の極意を取得。攻撃系の術もいいですけど補助術もっと欲しいです。具体的には速瀬。


三月目
子孫を増やせとのことで蛇麻呂さんと交神。
手の届く範囲で一番奉納点高かったのは怒槌丸さんなんだけど、くららを手に入れたはいいけどなかなか心と技の水が届かないので水神様を選びました。
あとここで見てて思ったけど吠丸とお夏がとうぜんのようにいるのは平気なんですか昼子さん。
あとなんでメガネかけたんですか昼子さん。イツ花って呼びますよ昼子さん。

で、3か月終了しておおよそのチュートリアルが終わったあたりでイベントが進行。
京のお姫様とそのお付きの人がやってきました。

姫「清明倒すからあなたたち追われた一族の力を結集します!船用意するからよろしく!」
男「お前らの事なんざ認めてない!失われた祭具をとりもどしたらかんがえてやんよ!」

コーちん「すげえ!言いたい事だけ言ってとっとと帰って行った!!」

コーちんに全面的に同意したくなる勢いでした。
で、その後コーちんから黄川人からの伝言(ダンジョンで起こるイベントの情報)を聞いて今回は終了。


まあ出だしだからチュートリアルな部分が大半でしたね。
もうちょっと長時間プレイしてがっと感想書いたほうが良いかもしれないけど夜バイトがあるのでそろそろ寝ます。
posted by 黒味缶 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺屍関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。