2008年05月28日

宝は虹の下に

電奇梵唄会奉納ソワカちゃん雑文祭 参加作品



あんまり唐突でもないですが、私は護法少女ソワカちゃんシリーズが大好きです…が、ちょびっと私用でチベット修行と言えるほどの肝もお金もないので夏の上映会には参加できなさそう。ううぅ、残念。
…で、いけない分の熱意をちょっとだけソワカちゃんの考察に回して見ようと言うのが今回の記事です

では数名分のキャラの特徴からそれが物語にどう作用しているのかを書いていきます。

1話その3までの状況下且つ私的判断ですソワカちゃんの新作がくればこの内容も私の中で変化してゆくでしょうし、また今回外したキャラが根幹に喰いこんでくることもあり得ます。あくまで「今のこいつはこうとらえている」という程度にほんにゃりしながらご覧ください



・ソワカちゃん:主人公 姉ポジ クール 微ボケ 素直
タイトルに名前がある上彼女の視点で話が進むので疑いようもなく主人公です
この文章制作時点で彼女は「嬉しいことには素直に表し、悲しいことや不快な事にはクールに対処」というのが基本的な性質であるように見えます
ですが、クーヤンに対しては姉ポジという要素が他より強くなる傾向にあります。むしろ前者のうちのクールに関しては姉ポジ由来の部分も少なからずあるようです
参考としては、2話の取り乱し+落胆っぷりと1話その3が判り易いかと

ソワカちゃんが(一応は)クール系主人公でありながらいやみが少ないのは、素直さと姉ポジ以外にもちょっと抜けたとこがあるのが大きいのではないでしょうか。チート級の強さを誇る主人公でありながら人々を魅了するのは年相応(おそらく10代後半)のミスを犯すところに他の要因よりももっとずっと身近さを感じるためなのでしょう。

少し特徴を並べて考えただけでも、主人公位置としては非常に納得のいくものであると思います
ソワカちゃんが主人公だから、ほどほどに突っ込みを入れながらも安心して展開を見守ることができるんですね


・クーヤン:オトポジ 子供
レギュラーキャラの一人、cool youngです。書きだした要素から、クーヤンにはソワカちゃんのサポートをしつつ、展開の息抜きをさせるという役目が与えられているように思います
自分の感情に素直でありながら、姉ポジのソワカちゃんに認められようと背伸びをしているフシがあるのでそこら辺はひっくるめて「子供」という要素にまとめてみました

サポートと言っても、ただ単純に戦力的なサポートでないことはソワカちゃんシリーズを見たことのある人なら判ってくれると思います。ソワカちゃんとクーヤンは"人"の漢字のように互いに互いで寄り添っているような関係であると思う。ただ単に依存しているというより本当の家族のような絆を垣間見れるコンビだと思います

彼の物語中の役割においては先に出した通りですが、主人公を喰ってしまわずに主人公のサポキャラを務めあげるというのは結構難しい立ち位置だと思う。作者さんはブログにて「キャラが勝手に動き出した」とおっしゃっていたが、たしかにキャラが立ち歩いたからこそすぽんとハマる位置にいるんだろうなということを感じさせるキャラの一人です


・マローラモ:保護者 おじさん
パパ亡きあとのソワカちゃんとクーヤンの保護者的な人。ですが、一歩引いた感じがします

他人と言う要素にするか、おじさんという要素にするかで少し迷い結局「おじさん」になりました。彼は彼女たちの保護者であり近い人物であるはずなのに微妙な壁を感じさせます。マロ本人が喋りを入れないキャラであることもそう感じさせる要因の一つなのでしょうが「今までは他人だった」という状況がもっとも大きい気がします。その割にソワカちゃんもクーヤンもそこそこ懐いている様子なので「おじさん」

彼の役割もソワカちゃんのサポートですが、こちらは心理的なものよりももっと現実的な手助けをメインにしているようです。またどうやら狂言回しとしての位置も担っているという侮りがたいキャラです。無意味に心惹かれるのも納得


・小波旬:謎 憧れ
ソワカちゃんをより普通の女の子に近づける魔性の男。私の脳内で彼は女好きと分類されているが、実際のところは不明。物語上の謎としてもかなり場所をとっている気がする

役割はそのまま要素として挙げている「謎」と「憧れ」でOKだと思う。実際、彼について語れる部分はまだ少ないので保留にせざるを得ないのだが…
マロが登場していない時は彼が狂言回しの役を引き受けているフシがあると思う。9話〜10話その1がそんな感じ


・パパ:父親 利己的
要素は単純に父親としてしか出していないが…パパの要素はもうこれに尽きる気がしてならない。なんだかダメなかんじなところも、結局はすべて「父親」としての存在の前に立ち消えてしまっている…が、一応サブ要素として押さえておきたいのは「利己的」というあたりか。このあたりが飲んだくれたりREIKOに対して頬そめたりするような、親近感を沸かせるダメさにつながっていると思う

安心して甘えられているあたり、子供に対してはかなり懐の深い人物であったことを伺わせる
言葉にするのがかなり難しいが……この父親を殺された理由を求め旅に出る、という筋道を納得させるだけの人柄


・導師グルグル:悪
現在、主人公の前に悪役として立ち現れている人物。番外編などで容赦ない悪役っぷりを見せつけている
グルグルの個人要素が現状ほぼ撤廃されているためか、憎むべき相手として見ても抵抗が少ない。ただ、若干おちゃめな感じの洗脳方法を使用したりと、物語を悲惨にしすぎないような要素も一応は持っている安心して見れる悪役

あくまで個人的な意見だけど、やっていることはガチでゲスなのでもし今後いい人そうな顔を見せても戦略的(ストラテジック)に判断停止(エポケー)してぶったおしてほしい。パパの遺言を見たソワカちゃんがおもいっきりそれをできるかは怪しいけれど…

 *

精神的迷子兄妹や汚れちまつた3兄弟も大好きなんだけれど彼らは「配下の悪役」にひとくくりにできてしまうため見送りました。同様にREIKOやメカ沢先生も「その他の仲間」にひとくくりにできるとおもうので見送り
そんなところに神は宿らないとは言いませんが、あくまで今回は物語の大筋にかかわってくる人物を抜きだしたつもりですのでご了承ください


それにしても…改めてキャラを抜き出して一人一人の役目を考えてみるとこのシリーズは本当にすごいんだなと思い知らさせます
本当に作者さんは虚空蔵からメッセージ受け取ってるんじゃないのかしらと思うほど

それから、すべての項にどこか書き足りない部分があるように思うのですがこれ以上に書こうとすると、私ではどう表せばいいのか判らない段階に入ってゆくので自分の中でなんとかできる部分だけだすことにしました。虹の根本の宝物ことソワカちゃんの存在は知っててもすべてを語るのはさすがに無茶がありました……くっそう、くずおれそうだ


ともかく、今回の考察はおしまいとします。最期まで目を通していただき、ありがとうございました
posted by 黒味缶 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。